ジェフリー・バワを感じる旅!

トロピカル建築の第一人者バワ縁のスポットを巡る

特別企画商品!!

お得なプライスでスリランカへご案内!! 料金抑えても盛り沢山コース

神秘のアーユルヴェーダ体験!

ジェットウィングアーユルヴェーダパヴィリオン利用

4泊6日のお勧め女子旅プラン

4泊6日のお勧め女子旅プラン

スリランカってどんなところ?
女子旅っていってもどなんなコース??

今回は女性にもお勧めのスリランカ6日間コースをご紹介。
今回ご紹介するコースはこちら!

では行程にそってご案内!

<<1日目>>
スリランカ航空は成田から直行便でスリランカへ
週4便(月・木・土・日/日本発)の運行なので、日程を組むときは出発曜日にもご注意下さい。
4泊6日の行程での場合は月曜日と土曜日の成田ご出発になります。

成田から午前中に出発します。
スリランカ航空の機内安全ビデオはかわいらしいアニメーションですよ。
時期(偏西風)にもよりますが、飛行時間は約9~10時間。
機内エンターテイメントをお楽しみ下さい。機内食は2回ございます。

スリランカバンダラナイケ国際空港到着後、導線にそって入国審査へ。
ETAは取得されてますでしょうか?スリランカはビザが必要です。
まだの方は入国審査前に到着ビザのカウンターがありますので、そちらで申請・お支払い(USD40/2017年9月現在)となります。
特に書類はございませんが、ビザカウンター後に入国審査の列に並ぶので、お時間が掛かってしまいます。
ETA(電子事前申請)なら出発前にインターネットで申請・お支払い(USD35/2017年9月現在)ので、ビザカウンターへ寄らずにそのまま入国審査へ進めるのでお勧めです。

到着ロビーで現地係員がお待ちしております。
スリランカルピーは日本で両替が出来ないので、係員との合流ポイント近くの両替所をご利用下さい。

こちらのツアーでは空港近くのネゴンボへ。
ネゴンボのホテルでゆっくりお休み下さい。

<<2日目>>
まずはスリランカ8つの世界遺産のうちの1つアヌラーダプラへ。
アヌラーダプラは菩提樹や遺跡が残る仏教の聖地です。
※仏教寺院・遺跡を訪れる際は短パン・ミニスカートなど露出の多い服装は避けてください。
また土足厳禁の場所もありますので、脱ぎやすい靴がいいでしょう。

午後はスリランカのパワースポットへ!!
愛とやさしさの象徴のパワーストーンでもあるローズクォーツで覆われた山、ローズクォーツマウンテン!!
簡単な登山になります。

地面を見るとうっすらピンク色!

裸足で登って、直にパワーを得ているという方も見受けられました。

(そこらじゅうにローズクォーツですが、お持ち帰りは出来ませんのでご了承下さい)
頂上でお祈りをしましょう。どんな願いをこめますか?

ホテルに行く前にスリランカのスーパーにも寄ってみましょう。

お土産に海外のお菓子はいかがですか。
旅行中のおやつにも。
お勧めはレモンパフ!ジンジャークッキーも捨て難い。
ラベルにシンハラ語が表記されているのもポイントですね。※個人の感想です。

あとはカシューナッツもお勧め!

シギリヤ周辺のホテルにご宿泊。
翌日はシギリヤロックに登頂です!

<<3日目>>
朝食を取ったら、スリランカと言えばの世界遺産シギリヤロックへ!

階段が多いのでヒールだと危ないので、歩きやすい靴で向いましょう。
かつては岩の上に王宮がありました。これが実際に上ると本当に?ここまで資材を運んだの!?と思ってしまうかも。
シギリヤレディも撮影!したいけど、残念ながら劣化を防ぐため写真撮影は禁止となってしまいました。
なのでシギリヤレディを見るには、昔の写真か実際に行くしかないです!
今は脚だけになってしまっているライオンテラス。昔の姿を想像しながら登っていきましょう。
まさにライオン(シンハ)の喉(ギリヤ)を通って王宮へ。シンハラ語のシンハとギリヤがシギリヤの語源とも言われています。
特に最後の階段が急です!

頂上には宮殿跡。頂上からの景色を是非現地でお楽しみ下さい。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

登山のあとはリラックスしましょう!

アーユルヴェーダ施設のあるホテルシギリヤに移動して、アーユルヴェーダ体験!
ホテルシギリヤはプールからシギリヤロックが見えることでも有名ですね。
昼食はアーユルヴェーダーミール、ドクターの問診体験とトリートメント体験。
アーユルヴェーダ施設へ。

アーユルヴェーダは立派な医療。ドクターの問診を受けてそれぞれの体調に合わせた施術を組んでくれます。
体調を良い状態に戻すことを目的としています。次回はもっとアーユルヴェーダーを受けにスリランカもいいかも!?

リフレッシュしたら、今度はスリランカの民族衣装サリーを体験してみましょう。
サリーってインドじゃないの?というかた!インドだけのものではありませんよ。
スリランカの女性をよく見てください。着方が違います。伝統的なキャンディアンスタイルもありますし、着こなし方も複数あります。

サリーを着こなしてみましょう。

<<4日目>>
朝食後は世界遺産ダンブッラへ。
5つの石窟の中に150体以上の石造が置かれています。壁画も鮮やかで必見。
天井には上に流れる水が。。。探してみてください。

ダンブッラの後はマータレーへ移動。

こちらではスパイスガーデンに立ち寄ります。
実はスリランカはスパイス大国なのです!
食事でもスリランカカリーにスパイスは欠かせません!
そしてアーユルヴェーダにもです。アーユルヴェーダはスパイス・ハーブも多く使っています。
スリランカでアーユルヴェーダが浸透したのもスパイス・ハーブが多く取れることも理由の一つですね。

さてスパイスガーデンではスリランカカリーのクッキングデモンストレーションとスリランカカリーで昼食を召し上がっていただきます。

作り方を覚えて、ご自宅でも試してみては如何でしょうか。

目指せスパイス女子!

マータレーを経由して、世界遺産でもあるキャンディに到着。
まずはスリランカ占星術(ホロスコープ)を体験してみましょう。
ご旅行前に予め必要な情報をお伝え下さい。
・生年月日・誕生時間(何時何分)・生誕地(例:東京)
頂いた情報を元に生まれた時・場所での星の傾きから占います。
30分程占いの結果をお伝えいたします。(英語が不安でもガイドがお手伝いいたします)

(情報が不十分な場合手相占いとなりますので、ご了承下さい)

スリランカは宝石の国というのもご存知ですか?

ダイヤモンドはでませんが、特にサファイアが有名です。
ホロスコープではあなたにとってのパワーストーンも教えてもらえます。
記念にご自分のパワーストーンをお求めになってもいいかもしれませんね。
(勿論購入は任意です。もしご購入の際は値切り交渉も忘れずに!)

<<5日目>>
キャンディはシンハラ王朝最後の都が置かれた街で、街自体が世界遺産に登録されています。
その中でも特に有名なのが仏歯寺(ぶっしじ)です。

仏歯寺に参拝に行きましょう。
ここはその名のとおり仏陀の歯が祀られている寺院です。
仏歯寺には仏陀の歯がインドから運ばれてくるときにレリーフがかざられています。
スリランカ仏教でも非常に重要な寺院で、スリランカ中から参拝に訪れています。

注意:こちらでも靴を脱いで裸足で寺院を参拝します。
ブーツなど脱ぎにくい靴は避けたほうがいいですね。
露出の多い服装では入れません。神聖な場所なので現地の方々は白い服装を選んでいかれます。
観光客も白じゃないとダメなんてことはないですが、お互いに敬意を持って参拝すると気持ちがいいですね!

さて旅行もだんだんと終わりに近づいてきました。
世界遺産・パワースポット・アーユルヴェーダと様々見てきましたが、
まだスリランカの魅力はあります。
スリランカというとピンとこないかもですが、セイロンで分かる方も。
セイロンティーは有名ですよね。スリランカは紅茶の有名な産地でもあります。
キャンディ郊外の紅茶工場にも立ち寄りましょう。

高度によって大きく3つの区分に別れるスリランカの紅茶。
キャンディは真ん中ミドルグロウンティーになります。
午○の紅茶(回し者ではありません)はスリランカの紅茶を使用しています。
キャンディの茶葉はミルクティーで使われていますね。

紅茶工場見学を終えて、スリランカのベーカリーで昼食をとりましょう。
スリランカカレーパンを是非お試し下さい。
日本でカレーパンというとパン粉が付いてあげてあるイメージですよね。

スリランカには様々な種類のカレーパンがありますよ。

コロンボまで戻ってきました。
最後はショッピングに行きましょう。

スリランカのカラフルな色使いのベアフットや、様々な雑貨のあるパラダイスロードなど。


シンハラ文字の書かれた食器も可愛いですね。
この後はもう空港ですので、買い忘れのないように。

夕方には空港に着き、ガイドさん・ドライバーさんともお別れです。
ガイドは空港内まで入れないので、ご自身で飛行機のチェックインを御願いいたします。

離陸をすれば機内での夕食です。
夜行便ですので、しばらくすれば機内のライトも落とされます。
日本までゆっくりお休み下さい。

<<6日目>>
機内で朝食を取れば、もうまもなく成田に到着。
成田に到着して、無事帰国!お疲れ様でした。

世界遺産・パワースポット・アーユルヴェーダ・ホロスコープに紅茶。
是非現地で実際にスリランカの魅力を体験してみて下さい。

スリランカ

もっと見る

モルディブ共和国

もっと見る