シンハラージャ森林保護区/Sinharaja Forest Reserve

シンハラージャ森林保護区/Sinharaja Forest Reserve

【シンハラージャ森林保護区】 1988年登録 自然遺産

ライオンの王国を意味するシンハラージャ。他の国立公園と違い、象やヒョウはほとんど見ることができず爬虫類や蝶、鳥類、植物を観察します。
一般的な観光ルートはラトゥナプーラからシンハラージャ森林保護区へ向かい、途中で悪路になるためジープに乗り換えます。
シンハラージャ森林保護区に到着した後はシンハラージャ森林保護区の指定ガイドについていき森の中を歩きます。約4時間で1週するコースが一般的なトレッキングコース。1泊2日のルートや縦走ルートも存在はしていますが研究者や専門家以外はシンハラージャを縦走することはありません。
ラトゥナプーラ以外にもゴールからアプローチできるエリアがあります。いずれにしてもシンハラージャ森林保護区の奥へ向かうことはなく、森林保護区の入口付近を散策するような観光になります。
【基本情報】
開園時間:事前に予約をして入場する時間を決めます
休み:なし
料金:単独での入場ができないため予約をする旅行代理店にお問い合わせください
所要時間:歩く時間は約4時間
【備考】
・シンハラージャの入口まで悪路のためジープで移動します。かなり揺れますので酔い止めをご用意ください。
・個人での訪問はおすすめできません。入場、ガイド、ジープの手配を日本出発前にまとめて手配してください。
・雨期はヒルがいます。トレッキングシューズと長くて厚めの靴下をご用意ください。
シンハラージャ森林保護区画像
ジープで向かいます。
シンハラージャ森林保護区画像
シンハラージャ森林保護区のエントランス
シンハラージャ森林保護区画像
トレッキングルートをひたすら歩きます。
シンハラージャ森林保護区画像
石を池に投げると餌と勘違いした魚がたくさん寄ってきます。
シンハラージャ森林保護区画像
シンハラージャはラン科の花も有名です。
シンハラージャ森林保護区画像
橋を渡って森林の奥へ入ります。
シンハラージャ森林保護区画像
珍しい植物やアーユヴェーダで利用するハーブもたくさん生息しています。